子育てしながらの仕事は大変?選択肢はいろいろある!

1年産休を取って元の仕事に復帰

女性が出産をするとき、会社からは産前産後休業が取れることを言われます。労働基準法でも決められていて、健康保険からも一定の給付が受けられます。さらに、子供が1歳になるまでは育児休業ができます。この時は雇用保険から給付が受けられます。産後の仕事の仕方としては、元々いた会社に復帰をする方法が多くなっています。会社の方でも一定の対応が必要になっていて、復帰をしやすくしてくれたり、産休中のサポートなどもしてもらうことが出来ます。

在宅勤務ができる方法を選ぶ

仕事の仕方として、オフィスなどで働く、近所のお店などでパートで働くなどがあります。ただ、子育てを優先したい場合は、どちらも少し難しいかもしれません。そこで、在宅勤務ができる方法を選んでみます。パソコンとインターネットを利用することで、会社からの仕事をこなせることがあります。デザインやプログラマーの仕事であれば、フリーで仕事を受けられる場合があります。時間単位より、仕事単位で受けられる方がやりやすくなるでしょう。

小学校に上がるようになったらパート

子育てを優先したいときには、出産を機に仕事を一旦辞めることがあります。その後幼稚園に行く頃まではまだまだ子供といる時間が長いでしょう。ただ、小学校に上がるようになると自分の時間もできます。その時間を利用してパートで働くことが出来ます。コンビニなどでパートをすることが出来ますし、工場などで昼間だけ勤務することもできます。オフィスの事務でも、パートの場合なら融通が利きやすくなります。子供の行事にも参加しやすいです。

主婦のパートは、比較的時間が短めの仕事が人気です。それは、子育てや家事で長時間労働が難しいからという理由があります。