寝過ごしても大丈夫!?寮付きの仕事がもたらすゆとりとは?

住まいと職場の近さが一番のメリットに

朝に強くないにもかかわらず、職場が遠いと無理矢理早朝に起床せざるを得ず、ほぼ100パーセント立ちっ放しのままで満員電車に揺られ、早くも疲労がピークとなった状態で始業する・・こんな悪夢の様な通勤の後にストレスに満ちた仕事を常にこなしていれば、いずれ身体にも不調を来たしてしまうかも知れませんよね。住まいと職場が近いという事は通勤に関わるストレスをほぼ無くす事が出来るばかりか、その分空いた余剰な時間を睡眠に充てられるという事を意味するのです。

帰路が短くて済む分アフターも充実出来る

逆に終業後を考えれば、帰路が大変短く時間が掛からない分こちらにも大きなゆとりが生じる事でしょう。本来帰宅時間に充てるべき貴重な時間を飲食や趣味活動等に充てる事が出来、より人生を充実させる事が出来ますよね。もちろん同じ寮に住む仕事仲間を誘っての飲食もより充実し、一緒に仕事を進める上でも大変有利となる絆や仲間意識、助け合いといった心も育む事が出来るのです。個人でゆったり過ごせる時間は多少なりとも短くなるかも知れませんが、その分アフターに掛かるコストは仲間割りが通じるケースが増え、1人当たりの負担は意外と少なくて済むのです。

生活コストも大きく節約出来る寮暮らし

会社が指定した寮に住まうという事は、ある程度会社側からの生活に関する支援が期待出来るという事も意味します。寮における月々の家賃や光熱費の一部を会社が負担してくれるケースも多く、一から部屋を見付け自力で生活しなければならない独り暮らしと比べ、掛かる生活コストを大きく節約する事が出来るでしょう。また会社によっては入社祝いに食糧や生活雑貨をある程度の期間分プレゼントしてくれるケースもあり、初めての寮暮らしの際にも大きな助けとなってくれる筈です。

寮の求人には会社が持っている寮や学生が住んでいる寮などがあり、光熱費のみで住める所が大半となっています。