英語を生かして転職するにはプラスアルファが必要

実務経験が有利になる

英語力のある方は、転職の時に有利になります。しかし、英語力だけではうまくいかないこともあります。英語は仕事をする時の道具です。道具なので、それを使ってする仕事の方が重視されます。例えば、英語の使ったソフトウェアの営業の経験があれば、転職するときにプラスになります。現在は英語を使って仕事をするのが当たり前の時代です。英語を流暢に話せる人は少ないのですが、それでも多くの人が自分の能力に合った英語を使って仕事をしています。そのため単に英語力があるだけでは、認められにくいと言えます。

英語を使った仕事をしてみよう

転職をする前に、今の会社で英語を使った仕事をしてみましょう。現在は多くの会社が海外とつながりを持っています。海外とのつながりがあるところだったら、英語の仕事が発生します。それを積極的にやるようにします。失敗を恐れてはいけません。会社で英語を使うことは、じ試験ではありません。意味が通じたら、それでOKです。もちろんできるだけ正しい英語を使う必要がありますが、それにこだわり過ぎていては失敗してしまいます。英語を使って仕事をしたら、それが経験になって、転職の時にアピールできます。

実戦的な英語力を磨いておく

大学の先生は英文法や英単語の知識は豊富ですが、実際の会話が下手な場合があります。その理由は仕事で英語をあまり使わないからです。ビジネスの場で使われる英語は実戦的な内容を持っています。こちらの意思を確実に伝えて、相手の言いたいことをほぼ100%理解しなければなりません。それがうまくいかないと、仕事はスムーズに進行しません。英語を生かして転職する場合は、採用された時にすぐに英語を使って仕事ができるようにしておきましょう。ビジネス英語の本を繰り返し勉強するのが良い方法です。

英語の転職に必要な英語力は英語で意思疎通ができる程度のものから翻訳や通訳など高度な英語力を必要とするものまで様々です。