将来が見込めない!?脱サラしてフランチャイズで挑戦

脱サラしてコンビニのフランチャイズの店主になる

最近では企業で頑張って働いても、中高年になると給与形態も伸び率が下がり、また正社員から契約社員になったりと企業内ので立場も不安定になることもあります。そのような将来性を鑑みて、脱サラして独立してお店を持つ人も多いようです。例えば、コンビニの店主としてフランチャイズで出店する場合は、出店しようとしている地域の住環境だったり、他のコンビニの出店状況だったり、またそもそも店主になろうとしているコンビニの知名度等も勘案します。

フランチャイズで出店する場合

そのために若い時から資金を貯めて出店します。出店資金は店主側で準備することになりますが、最初は広告費用が人材募集手続きを本部の方で実施してくれたりします。ノウハウは本部の社員が訪問してくれて直接指導してくれますし、定期的に回ってきてくれます。やはりどこのコンビニのフランチャイズで出店するか考える場合には、そのコンビニの知名度であったり、またロイヤルティの支払いがどのような仕組みになっているかという部分がポイントになります。

頑張り次第で成果が出る

多くの場合には売上の何パーセントをロイヤルティとして支払ったりすることが多いです。そのため売上がどこぐらい見込まれるか、またそれにより毎月どの位を投資に回したり、また自分の手元に残すことができるかが重要になります。会社で僅かな定期昇給や賞与を期待するよりも、自分の頑張り次第で手元に入ってくる金額も変わるので仕事に対して真摯に取り組み、またいろいろとマーケティングをおこない試してみることが自分の責任でできるため、企業で働いているよりもやりがいを感じている店主が多いです。

親と離れて暮らし、自分で日々の生計を維持していくことが独立です。それを経験して親が自分にしてくれていたことがとても有難いことに気づかされることがあります。