開業に必要な資金はどれくらい?手続き方法を紹介

開業のための資金と方法について

同じ会社に所属し続ける時代ではないからこそ、ある程度の経験を積んで人脈ができたら独立開業をしたいと考える人も多いのではないでしょうか?自分の力で事業を切り盛りしなければならないとはいえ、努力すればその分だけ成果を得られるのが魅力的ですね。

どのような事業を行うかメドがついたとしても、開業に必要な資金の額と手続き方法は気になるところですね。代表的な方法を挙げて、必要なお金と手順についてご紹介します。

ほぼ無料で始められる個人事業

自分一人だけ、あるいは家族や知人などのごく少人数で事業を行う場合は、個人事業として開業することがおすすめです。自分の資産がそのまま事業資金になりますから、会社設立のような手続きは必要ありませんし、登記のための費用もかからないというメリットがあります。

個人事業は手続きしなくても行えますが、納税の際に書類を提出しなければなりませんから、事業開始とともに開業届を提出しておきましょう。開業届を出しておけば、屋号名義の銀行口座を作ることもできますよ。

大きな事業を営むなら会社形態がおすすめ

手続きが簡単で費用もかからないことが個人事業の利点ですが、手取り年収が1千万円を超えることを見込めるのであれば、会社を設立することも考えましょう。たとえ自分だけで開業する場合でも、会社から自分に給料を支払うことで、税金が安くなるというメリットがあります。

会社にはいくつか種類がありますが、現在の法律では1人だけでも設立が可能です。出資者と経営者が分離しているか、一体化しているかという違いがありますから、自分にふさわしい形態を選びましょう。

手続きには約10万円が必要ですが、会社化することで信頼を得られますし、不動産登記を法人名義で行えるようになります。

歯科医院の開業数は、今やコンビニを超えるともいわれています。雇用されている立場の方が、安定した将来が約束されている可能性もあるのです。