プラント業界の仕事とは?CADオペレーター等

スキルとして取得する方が多いCAD

プラント業界、エンジニアリングというものを聞いたことがあるでしょうか。男性だけでなく、女性からも以前から注目されている、CAD等の製図。学校で学ぶほか、求職中の職業訓練として講座を受けたことがある方も多いと思います。

CADを仕事に活かしましょう

さて、学んだCADで仕事探しを始めてみると、建築関連やデザイン系の会社が多い中で、「プラント」の求人も目立ちます。

プラントとは何を表すのでしょうか

プラントというのは大きな工場等のことを指します。製薬会社の工場であったり、発電所等の特殊な設備もプラントと呼ばれます。このようなプラントのお仕事をしている会社はプラントエンジニアリング業界と呼ばれています。最近では身近になってきており、横浜・川崎地区の工場一帯の夜景が話題となり、ちょっとした観光スポットになっていますが、あの工場地区はいわゆるプラントです。

プラントの求人とは実際には?

プラント業界ではどのような求人があるのかというと、一般的にプラント自体の設計や設備の設計に関連したものが中心です。設備というのは電気の配線であったり、溶液等が通る配管のことなどを指しています。これらは、部門や会社ごとに専門が分かれていて、かなり専門的な分野と言えます。その為、CADの技術も含めて、スキルがあると優遇されることが予想されます。

設計ができなくてもいいのでしょうか?

実際は設計の求人ばかりではなく、手書き図面をCAD化したり、設計以外の製図のお仕事が沢山あるので、CADのスキルは必ず役立つでしょう。また、3DのCADなど最新の技術が取り入れられているので、そのようなスキルを習得しておきたいものです。

石油、化学、エネルギーなどの現場や全国にあるコンビナートや工場などで働きたい人はプラントの求人で仕事を探してみましょう。